What's new

2019 / 05 / 25  15:12

blog up !『介護・ご高齢の方へのアロマテラピー』

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * ** * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

こちらの内容はブログ(写真あり・ブログの方がご覧頂きやすいです)でもご覧いただけます♪

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * ** * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

 

先日、修了証付メディカルアロマ講座 をやらせて頂きました。



介護やご高齢の方へメディカルアロマを伝えたいという生徒さん。

今までにも同じ理由で受けて下さった方がいますが、



今の段階で、

具体的にどんな方の為にどう役に立ちたいのかが明確だなんて

すごいなぁと思いました。

 



もし「こんなことに使いたい」というのがわかっているのでしたら

そこを意識してお伝えしますね。



おひとりおひとり合わせて出来るのが

この講座の良さの一つなので^^

 

--------------------------------

 

 

アロマといっても細分化していくと

どんな方が興味を持って下さるのかが違っていたりします。



私の今までの経験からのお話なので、

もしかしたら環境やエリアが違っていたらわからないのだけど、



ザ・メディカルアロマというようなメディカルアロマの場合

「こんな方々が興味を持って下っているのではないかな?」

「こんな方々に是非使って頂きたい!お役に立てるはず!!」

と思うのがやっぱりあって、



その一つが、

介護・高齢者(具体的には介護をする人・高齢者の家族向け)

だったりするのかなぁと思っています。




----



活用方法は色々あると思います。



介護する側のストレスケアだったり

腰痛対策なんかにも使えると思います。



寝たきりや足腰が悪い方の介護でしたら

お風呂に入れてあげるのも一苦労ですよね。



例えば入浴代わりに身体を拭く時にアロマを使う、

市販の洗わないシャンプーの代わりにアロマを使う、

というようなことも出来るでしょう。





他にも、実際に似たようなことがあったのですが、

むくみや痛みがある方、精神的不安のある方へは、



間接的なケアとして、

ハンドトリートメントやリフレをしてあげたり、

ハーブで足湯なんかもいいかもしれませんね。





一緒に簡単なアロマクラフトを作るのも

気分転換になったり、

指先を使ったり脳を刺激するのでいいかもしれないです^^



認知症予防の精油もあったりしますし、

試してみても良いかもしれません。




----



もちろん介護・高齢者に特化したものでなく、

その他の良くあるアロマ活用法も

(風邪予防に精油をお部屋に香らせておくなど)



精油のセレクトや濃度などを気を付ければ

ご高齢の方にも使って差し上げることが出来ますよ。

 

-------------------------------------------------------------

 

 

 

これからますます介護をする人、される人も増えていくでしょう。



その中で、メディカルアロマを活用する機会も

比例的に増えていくと思います。





でも、独学や自己流では不安ですよね。



きちんと精油の安全性・毒性を知っておくことが大事だし、

どんな時に特にどんな精油がご高齢の方には良いのかなど、



「〇〇にはこの精油がいいと習ったから」程度の曖昧な知識ではなく、

きちんと理論的に説明できる知識が必要かなと思うのです。





資格を取るのもいいと思いますが、

資格はいらないけど、

資格を取ったのと同じような知識を得たいという方へは

こちらの講座がお役に立てると思っています^^

 

 

短期間でも

何十時間・何十万円かけて取る資格同等レベル知識

+実践力・仕事への応用力が得られるようになっています!

 

 

受講目的はおひとりおひとり違います。

マンツーマンにて、「その違い」に合わせてお伝えしますよ♪

 

 

 

2019 / 05 / 15  21:54

blog up !『睡眠の質をあげるアロマテラピー』

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * ** * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

こちらの内容はブログ(写真あり・ブログの方がご覧頂きやすいです)でもご覧いただけます♪

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * ** * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

 

生徒さんから

「アロマで良く眠れる方法ってありますか?」と

ご質問頂きましたのでシェアしますね。




アロマで気持ちよく眠りにつく&睡眠の質をあげるには

・誘眠作用のあるもの

・自律神経のバランスを整えたり、

 副交感神経を優位にしたり、交感神経を抑制してくれるもの

などがおすすめです。



とはいえ、成分にこだわり過ぎず

自分が好きな香りをセレクトするというのも

この場合とっても大切になってくるかなと思います。



だって、どんなに誘眠作用があっても、

近くで嫌いな香りがしていたら

リラックスして眠るのは難しそうではないですか????




----




ちなみに誘眠作用とは、

「睡眠を誘発させる作用」のことをいいます。



つまりこの香りをかぐと眠くなるという作用ですね。





そして、自律神経ですが、

自律神経には2種類あって

副交感神経交感神経が拮抗して働いています。



交感神経が日中の活動を促す神経だとしたら

副交感神経はその反対、夜の神経。

からだや心を休めてくれるような神経と思って頂いたら良いかな。





実は、誘眠作用と副交感神経は関係性が深いのです!




ですから、

誘眠作用のある精油は

 

副交感神経を優位にしてくれたり

交感神経を鎮めてくれたり

・リラックス作用があったり

・自律神経のバランスを整えてくれたりする

 

このような作用も入っていることが多いのですね。

 

 

------------------------------------------------------------------------

 

 

では具体的にどのような精油がそれに該当するのでしょうか。



例えば、

ラベンダー・アングスティフォリア



多くの方がご存知の通り、

まさに「睡眠・リラックス・副交感神経優位の代表格」

ともいえる精油ですよね。





他には。。。



・オレンジ・スィート

・ベルガモット

・マンダリン

・カモマイル・ローマン

・イランイラン

・ゼラニウム



それ以外にもありますが、このあたりが、

手に入りやすく(カモマイルは高いけど)、安全性も高く、

優しく甘い香りなので女性やお子さん向きだと思います。

 

 

------------------------------------------------------------------------

 

 

使い方はとっても簡単で、

上でご紹介した精油を1種類もしくはブレンドしても良いので、

ディフューザーで寝室に香らせるだけです。




もっと簡単な方法は

ティッシュに1~3滴程垂らして枕元に置くだけでOK!



ティッシュに垂らすぐらいなら、

どんなに疲れている日でもできそうでしょ??^^

 

 

 

出来れば

就寝時の少し前から香りを取り入れられるといいですね。



更に余裕があれば

香りを嗅ぎながらストレッチしたり、読書をしたり、

お気に入りのボディクリームでトリートメントしたり。。

アロマバスもおすすめです♪




ゆっくりと眠りに向けて

からだと心を整えていきましょう!





私もついやってしまうのですが、

12時1時までパソコンで仕事をしたり携帯を見ていて

疲れ切ったところで寝る。。。



これではいくらアロマの力を借りたとしても

良い睡眠にはつながらないですからね。。。





ちなみに、私は

昨夜ゼラニウムとオレンジ・スィートのブレンドにしました。



ぐっすり眠って次の日もパワフルに動きたいですね!

どうぞ参考になさって下さいねラブラブ




 


精油の成分・化学を知って、精油を使いこなせるようになりたい方や

なぜこの精油が○○におすすめかがわかるようになりたい方は

こちらも併せてご覧くださいね

2019 / 05 / 08  16:27

blog up !『拮抗する作用・どちらが適切かは○○を知ることから』

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * ** * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

こちらの内容はブログ(写真あり・ブログの方がご覧頂きやすいです)でもご覧いただけます♪

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * ** * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

 

GWも終わり普段の生活が戻ってきましたね。

みなさんのGWはいかがでしたか??



ゆっくりされた方もいらっしゃると思いますが、

帰省やお出かけなどで

アクティブに過ごしていらっしゃった方も多いのでは??



その時はとっても元気に動けても

後からドドドーっと疲れが出たという経験はあると思います。





その一つは自律神経のはたらきによるものです。



自律神経は

交感神経と副交感神経の2つがあり、

シーソーのようにお互い影響を与えながら拮抗して働きます。





頑張っている時・ストレスを感じている時は

交感神経が優位になり、

逆に副交感神経は劣勢になります。



反対に、リラックスしている時・夜は

副交感神経の方が優位になるのですね。







自律神経はどちらが良いということではなく、

またどちらかに傾き過ぎていても良くないので

ある程度のバランスがとれていることが大事になります。



とはいっても

自律神経は自分の意志でコントロールすることはできません。



ではどちらかに傾き過ぎている場合は

どうしたらいいのでしょうか??

 

----------------------------------------------------------------

 

 

実は自律神経のバランスを整えるのに

アロマテラピーが有効だと考えられているのです!



精油の成分の中には

自律神経のバランスを整えてくれるものが多くあるので

それを上手に使ってみましょう!





例えば、交感神経に傾き過ぎているなと感じた場合は、

交感神経を抑えてあげるものや

副交感神経を活発にするようなものを使うと良いでしょう。



神経バランス回復作用なんかもいいですね。



反対に副交感神経優位の場合も、理屈は同じになります。

 

----------------------------------------------------------

 

何だか体がいつも疲れていて思うように動けない。

ついダラダラしてしまう。

という時、

疲れている感じがするのなら

ゆっくり体を休ませてあげた方が良いように感じますよね。



でもね、副交感神経に偏り過ぎる傾向がある人の場合、

実はそれは逆効果になるんですね。



(もちろんケースバイケースなので

今ここで細かくお伝えするのは難しいですが)



体が副交感神経に傾きやすい体質の方であれば

交感神経を刺激してあげるといいのですね。





というように、

拮抗する作用を活用する場合、

まずはからだのしくみや、自分の今の状態をきちんと把握していないと

逆効果になることがあります。





この精油はリラックスに使えます。程度ではなく

より具体的に説明ができるようになりたい方は

こちらも参考になさって下さいね。

 

2019 / 04 / 17  13:58

blog up !『春の紫外線対策に』

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * ** * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

こちらの内容はブログ(写真あり・ブログの方がご覧頂きやすいです)でもご覧いただけます♪

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * ** * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

 

暖かくなり、紫外線を感じるようになってきましたね。



私は日光アレルギーが関係していて、

市販の日焼け止めが塗れないので、

紫外線対策・日焼けによるかゆみ・皮膚トラブルは

アロマを活用しているんです。





アロマが素晴らしいのは、

紫外線から肌を守ることも出来るし

日焼けによる炎症やかゆみ・湿疹などもケアできるし

知らないうちに掻いてしまった傷もケアできるところ^^





予防という面では強力ではないかもしれないけど、

基本、日中に長時間外にいることはないので

私のライフスタイルではこれで充分なのです。



それよりも普段使いで

市販の日焼け止めを塗る方がリスクが高い!

 

 

----------------------------------------------------------------

 

 

今日はローズヒップ・ヒース・カレンデュラのオイルを作りましたよ♪



春の紫外線対策を意識したブレンドに♪



これだけでも良いのですが、

完成したらエッセンスや精油なども入れて

更に美容効果の高いものにする予定です♪



同時に紫外線によるダメージケアも出来る優れたオイル。

完成が楽しみ(*^-^*)






自分に合った紫外線対策コスメや、

美容オイルなどを作れるようになりたい方は、

こちらも参考にしてみて下さいね。

 

2019 / 04 / 15  12:25

blog up !『肩こりとメディカルアロマテラピー』

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * ** * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

こちらの内容はブログ(写真あり・ブログの方がご覧頂きやすいです)でもご覧いただけます♪

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * ** * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

 

重い荷物を持ったせいか

昨日は肩こりから頭痛がして何も手につかない状態に。



ここは、アロマの出番ですね!



定番の肩こり用ブレンドでセルフケアをしたところ

頭痛が治って本当に助かりました(*^-^*)



メディカルアロマを知る前は頭痛薬を常用してたからね。。。

 

 

------------------------------------------------------------------------

 

 

ブレンドのコツは、



最初に、

・肩こりならどんな作用がいいかな?

・どんな成分がいいかな?



と成分や作用を考えてから、

それに対応する精油を選びます。





例えば、今回は、成分でいうと

カンフル・メントール・サリチル酸メチル・

チャビコールメチルエーテルあたりかな。



鎮痛・抗炎症・筋肉弛緩などに優れた成分です。





これを自分の体質や、使用期間、

痛みの強さや場所などを考慮して、

どれぐらいの濃度に薄めるか、どの基材で薄めるかを決めます。


今回は少し高めの濃度で、

セルフトリートメントもしたいから

基材は植物油にして、約15%に希釈してみましたよ。





単に精油の知識を得るだけでは

実際に使う時にどうしたらいいかわからない。

という状況に陥ることもあると思うのですね。。



アロマの知識、精油の知識だけでなく、

活用する力も身につけたい方はこちらも参考にどうぞ

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...